不動産投資の物件と選び方

品川散策パート2~新馬場(品川宿)から天王洲アイル周辺エリアガイド~

目次

●新馬場(品川宿)エリア
●天王洲アイルエリア
●天王洲アイル駅周辺の家賃相場
●まとめ

品川散策パート1~品川駅港南口から品川宿周辺エリアガイド~」の続きです。
前回は、品川駅港南口から北品川駅までを散策しました。今回は北品川駅から旧東海道の「北品川本通り商店街」にもどり、新馬場方面へ向かいます。

新馬場(品川宿)エリア

「北品川本通り商店街」から新馬場方面へ向かうと、また、旧東海道の街並みが続きます。蕎麦屋、うなぎ屋、居酒屋など昔からある飲食店をよく見かけます。


少し歩くと品川宿跡を思わせる品海公園の旧東海道の入口に「日本橋より二里」の碑が顔を出します。


ここには浄土宗の法禅寺や真言宗の豊盛山延命院一心寺など、古くからのお寺も景観に溶け込んでいます。


「北品川本通り商店街」が終わると、右手に「北馬場参道通り商店街」へと続きます。

そしてこの商店街を抜けると、第一京浜があり、そこを渡ったところに品川神社が見えてきます。

品川神社は、元准勅祭社として東京十社のひとつとなっています。
東京十社とは、国家鎮護のために天皇陛下から勅使が使わされる神社が「勅祭社」と呼ばれていて、天皇陛下が京都から東京に移られた際に、それに準ずる神社として「准勅祭社」を定めました。
それが東京十社のはじまりですが、現在、この制度がなくなったため“元勅祭社”と呼んでいます。

また、1932年に品川の繁栄を願って東海七福神が創設され、この品川神社は、その東海七福神の一社として大黒天が祀られています。

ここは、金運のパワースポットとして人気のある阿那稲荷神社や東海道を見下ろすようにそびえる富士塚「品川富士」など、観光スポットとして1度は行ってみたい神社です。


品川神社をあとにして第一京浜を少し歩くと新馬場駅が見えてきます。


新馬場駅から品川ふ頭方面に10分ほど歩くと、テレビ東京天王洲スタジオが見えます。

天王洲アイルエリア

そこから天王洲運河にかかる新東海橋を渡ると天王洲アイルに入ります。

天王洲アイルは、江戸時代末期に築かれた第四台場をベースに開発された約20万平方メートルの島です。
1980年代以前は、企業の倉庫や物流センターがメインのエリアでしたが、1985年には、地域地権者22社によって天王洲総合開発協議会がはじまり、翌年には開発マスタープランが策定されました。

現在は、オフィスビルを中心に、レストランやカフェなどが数多くあり、島は、ボードウォークと呼ばれる板張りの遊歩道に囲まれています。
この恵まれたロケーションは、デートスポットにもなっています。

また、アートギャラリーやイベントスペースも充実していて“アートの街”とも呼ばれています。街のあちこちでアートの片鱗を見ることができます。

手前のポールと比べてみてください。高さ2メートルを超えるゴミ箱のオブジェです。


島を囲むボードウォークは憩いの場としても人気のスポットです。


ファーストタワー、シーフォートスクエア、スフィアタワー、セントラルタワー、オーシャンスクエア、パークサイドビルなど、多くのオフィスビルがありますが、そのビル内には、和食、洋食、中華/エスニック、カフェ・バー、居酒屋など、多彩なレストランやカフェが入っています。

天王洲アイルは、新馬場エリアから島に入ったとたんに近代的でアートな別世界が広がります。
都内有数のデートスポットとして有名なだけあって、お洒落なスポットやレストランが数多くあります。
一方でコンビニや日用品を販売するお店も少なくないため、実際に訪れてみると、意外と住みやすい一面もあると感じられるエリアでした。

天王洲アイル駅周辺の家賃相場

散策を終えて、家賃相場を調べてみると以下のような家賃相場でした。

(2021年7月24日現在)

間取り 家賃相場
ワンルーム 10.11万円
1K 9.27万円
1DK 17.96万円

※出典(LIFULL HOME’S

まとめ

今回の品川散策パート2では、北品川駅から北品川本通り商店会にもどり、旧東海道の商店街を歩き、品川神社を散策。その後、品川ふ頭に向かって天王洲アイルへ向かい、アートやボードウォークのある天王洲アイルを散策しました。

昔ながらのどこか懐かしい商店会と東京湾ウオーターフロントのロケーションが映えるアートの島“天王洲アイル”は、それぞれが全く違った良さを持っていて、とても貴重な経験になること間違いなしです。

一度、散策してみてはいかがでしょうか。

コンシェリア品川 BAYSIDE COURT

住所:東京都品川区東品川一丁目19番-2

コンシェリア品川 BAYSIDE COURTは品川駅徒歩圏のマンション。
西側には旧東海道品川宿の街並みが、東側にはビジネス街天王洲アイルが広がります。
品川駅からは丸の内、渋谷など各ビジネス街まで数分の利便と新幹線、天王洲アイルからは羽田空港とお台場、品川宿にある新馬場からは川崎、横浜。
数ある都心部のマンションの中でも圧倒的な利便性を誇ります。

8階建て低層の重厚感のある造りと、総内廊下のホテルのような高級感で、単身者でも高所得者向けのマンションです。さらに、全住戸にWi-Fiを設置、マンション一括でインターネット契約を結んでいるため安価に利用が可能です。Wi-Fi設備は、現在入居者に最も喜ばれる設備といわれています。

投資に適したマンションを一度ぜひご覧ください。