不動産投資の物件と選び方

池袋駅 西口周辺エリア徹底ガイド~1人暮らし編~

平成27年11月に内閣府政府広報室が発表した「『住生活に関する世論調査』の概要」では、「住宅および住宅の立地・周辺環境に関して、どのようなことを最も重視するか?」という質問に対して、「立地の利便性※1」が46.5%、「立地の安全性※2」が14.6%、「立地の快適性※3」が8.0%という結果となっています。
実に69.1%の人が「立地」に関することを重視していることがわかります。


住宅、立地・周辺環境で最も重視すること
(内閣府政府広報室「住生活に関する世論調査」)

当コラムでは、池袋エリアをピックアップして、この立地に関してのデータを調べ、どこのエリアが魅力的かを独断で判断して紹介していきます。

今回は、池袋駅西口エリア~北口エリアを中心に、一人暮らしする目線でご紹介します。

目次

そもそも池袋はどんなエリア?
池袋駅西口周辺エリアの変遷
池袋駅西口エリアの紹介
・池袋駅西口
・池袋駅西口(南)
・池袋駅西口(中央)
・池袋駅西口(中央)~池袋二丁目(住宅街)
・西口繁華街~池袋駅西口(北)
・池袋駅西口(北)
池袋駅西口周辺の待ち合わせスポット
池袋の家賃相場
独身者にぴったりの街「池袋駅西口」

そもそも池袋はどんなエリア?

豊島区の人口(2021年3月1日現在)と電車の乗降客数

池袋は、豊島区の中心に位置する日本有数の繁華街です。人口は287,015人と23区では14番目の区となり、1位の世田谷区(人口:918,896人)と比べると3割程度の人口となりますが、駅別の乗降客数では、世界一多い新宿駅、2番目に多い渋谷駅に次いで池袋駅が世界第3位であり、新宿、渋谷と並ぶ山の手の3大副都心の一つとなっています。
(参照元:東京都の統計サイト

洪水ハザードマップから見る

池袋駅周辺池袋駅周辺のハザードマップを見てみましょう。

参照元:豊島区洪水ハザードマップ

豊島区洪水ハザードマップを見ると、池袋駅周辺には特に大きな河川もないことから、浸水の可能性があるエリアはほとんどありません。
豊島区全体としても、23区のなかでは比較的安全なエリアだと言えるでしょう。

池袋駅西口周辺エリアの変遷

池袋駅西口は、昔から、繁華街と歓楽街として栄え都内有数の夜の街として有名なエリアですが、常に進化し続けているエリアでもあります。
東武百貨店は幾度かの大幅改築と増床を行っていますし、1990年には東京劇場が開館。2019年には国際アート・カルチャー都市の実現に向けた公園の劇場化を目的として池袋駅西口公園がリニューアルしました。
2020年以降には、「池袋駅西口地区市街地再開発準備組合」が21年度の都市計画決定を目指して検討を続けています。

池袋駅西口エリアの紹介

池袋駅西口

それでは、実際に池袋駅西口を見ていきましょう。
池袋は、もともと、大きく分けて「東口」「西口」「南口」「北口」の出口がありましたが、2019年の3月22日の工事を皮切りに、西口側の出口が変わりました。
「北口」と「南口」がなくなったかわりに、「池袋駅西口(中央)」、「池袋駅西口(南)」、「池袋駅西口(北)」という名称に変わったのです。
「池袋駅西口(中央)」出口の北側が「池袋駅西口(北)」、南側が「池袋駅西口(南)」。
駅全体で見た場合、池袋駅西口の北側、南側という判断ができるため、以前よりもわかりやすくなりました。

池袋駅西口(南)

まずは、「池袋駅西口(南)」を出てみましょう。

ご覧の通り、「池袋駅西口(南)」とわかりやすい出口となっています。

出てすぐに、メトロポリタンプラザがあり、ルミネ池袋の入口がひと目でわかります。

その周りには、カフェ、レストラン、CDショップ、書店など入っているビルがあります。

また、建物そのものが飲食店街になっているビルもあります。

「池袋駅西口(南)」エリアは、メトロポリタンプラザを中心に、いくつものビルが立ち並び、カフェ、レストラン、居酒屋をはじめとする飲食店が多く、ファッションから飲食まで楽しめる女性も気軽に行きやすいエリアだと言えるでしょう。

池袋駅西口(中央)

「池袋駅西口(中央)」エリアは、名前の通り、西口の中央に位置するエリアです。

駅前の広場は、昼夜問わず、足早に歩く人で賑わっています。

左側には、通称“池袋ウェストゲートパーク”「池袋駅西口公園」が広がります。
豊島区の「国際アート・カルチャー都市実現戦略」を具現化するために2019年年末にリニューアル。野外劇場、大型ビジョン、カフェを併設した劇場型公園に生まれ変わりました。

少し奥に行くと、世界最大級のパイプオルガンが設置されている東京芸術劇場が見えてきます。

駅側に戻って中央の通りを歩くとすぐ左側にビックカメラ池袋駅西口店が見えます。

通り沿いには、カフェや銀行をあちこちに見かけることができます。

その先を行くと、池袋マルイが見えてきます。

池袋駅西口(中央)~池袋二丁目(住宅街)

ここで、街からちょっと外れてみます。
池袋マルイを横切る劇場通りを北側に歩いてみましょう。

繁華街は抜けましたが、ビルが立ち並んだ通りが続きます。

池袋郵便局が見えてきました。

駅から歩いて5分程度で風情のあるお店もちらほら見えてきます。

住所は、池袋二丁目です。ここから西側の住宅街に入ってみましょう。

大通りから一歩入ると、もうそこは住宅街に突入です。

この住宅街を歩いてみると、いくつか特徴があることに気づきます。
コンビニと八百屋・青果店が非常に多いのです。細い通りがいくつもありますが、通りに1つのコンビニと八百屋・青果店があると言ってもいいほどよく見かけます。

八百屋・青果店の印象が強かったので、続けて紹介しましょう。

今回見かけたお店をリストアップしてみました。

・コンビニ
・八百屋・青果店
・中華店などの飲食店
・クリーニング店
・コインランドリー
・日用品雑貨店
・歯科医院
・ペットサロン(犬の美容院)
・衣料品店

など、駅から5~6分の住宅街にこれだけの商店や医院があるので、日常生活にとても便利なエリアだと言えるでしょう。

西口繁華街~池袋駅西口(北)

一旦、駅に戻って西口の北側にある繁華街「西一番街」に入ってみます。

ここは大衆居酒屋が多く、気軽に入れるお店が数えきれないぐらい立ち並んでいます。

大衆居酒屋と同じぐらい目を引くのはカラオケボックスです。

さらにインターネットカフェも多く目にしますが、コロナ禍ということもあって、テレワークの個室代わりに利用している方も多いのではないでしょうか。

実施に、テレワークやWeb会議ができるサービスも多く提供されているようです。

池袋駅西口(北)

西口をすこしそれると「池袋駅西口(北)エリアとなります。駅の出口を出ると線路沿いになります。

少し歩くと通称“池袋チャイナタウン”に入ります。
こちらは、横浜の中華街のように通りのほぼすべてが飲食店というわけではなく、中華料理店が点在するエリアという感じでしょうか。
どの店も価格が安く日本語メニューもありますので、ぜひ立ち寄ってみてください。

池袋チャイナタウンのなかには、ドンキホーテ池袋北口店がありました。

「池袋駅西口(南)」「池袋駅西口(中央)」「池袋駅西口(北)」を紹介しましたが、本当はもっともっとたくさんのお店や施設があります。
あまりにも多いので独断と偏見で紹介してみました。

池袋駅西口とは言ってもかなり広いので、待ち合わせ場所も紹介しておきます。

池袋駅西口周辺の待ち合わせスポット

池袋駅西口の待ち合わせスポットを紹介します。

STARBUCKS池袋駅西口店

「池袋駅西口(中央)」を出てすぐ右側にあるのですぐにわかります。

池袋駅西口交番

「池袋駅西口(中央)」を「池袋駅西口(北)」方面にいくか、「池袋駅西口(北)」を出て、ロータリー側に歩くと特徴的な形をした交番が見えます。

池袋駅西口モザイカルチャーえんちゃん

「池袋駅西口(中央)」を出た広場の北側に、フクロウをモチーフにしたえんちゃん像があります。

池袋駅西口公園「平和の像」

「池袋駅西口(南)」出口から、池袋駅西口公園に向かった入口のところにあります。

ほかにも待ち合わせスポットはあると思いますが、待ち合わせ場所に困ったら、ぜひ、活用ください。

池袋の家賃相場

(2021年4月12日現在)

池袋駅

ワンルーム

8.67万円

1K

8.97万円

1DK

12.16万円

1LDK

16.26万円

※出典(LIFULL HOME’S

独身者にぴったりの街「池袋駅西口」

池袋駅西口エリアはいかがでしたでしょうか。
駅には、西武百貨店、東武百貨店があり、そこでは衣料品、食料品なども豊富にそろっています。
繁華街では、カフェや居酒屋の種類も豊富で、行くお店に困ることはないでしょう。

そして、昨今のコロナ禍で需要が高まっている、コワーキングスペースなどのWeb会議ができる施設も数多くありました。

また、駅から5分以上離れた住宅街では、コンビニ、八百屋・青果店、中華店などの飲食店、クリーニング店、コインランドリー、日用品雑貨店、歯科医院、ペットサロン(犬の美容院)、衣料品店などもあり、一人暮らしの方にとっては格好のエリアだと言えるでしょう。

コンシェリア 池袋 THE RESIDENCE EAST/WEST

コンシェリア住所:豊島区池袋3丁目55-3

コンシェリア池袋 THE RESIDENCEはJR池袋駅西側に位置し、地下鉄池袋駅から徒歩7分とアクセスが良く、また、西口住宅街の中にあることから喧騒から離れた閑静な住宅街に立地しています。都心ではなかなか得られない、利便と居住性を兼ね備えたマンションです。
コンシェリアのある豊島区は、6割以上が単身世帯(○○年国勢調査)で、単身者は自分でマンションを購入するよりは、借りて住む方が中心のため、賃貸需要が旺盛なエリアです。コンシェリア池袋 THE RESIDENCEはすべて単身者向け住宅で、家賃も11万円以上のため、単身者でも比較的高所得な方が入居者ターゲットで、高所得の方が好まれる高級感にあふれるマンションです。投資に適したマンションを一度ぜひご覧ください。