現場のプロが教える不動産投資ノウハウ

日本に外国人が増えている理由は「五輪効果」ではなかった!

先日、2015年に日本を訪れた外国人旅行者数が1900万人台後半まで達したと発表されました。
1970年以来45年ぶりに、出国する日本人の数を上回ったことになります。2012年に日本政府は、訪日外国人の数を「2020年に2000万人、2030年に3000万人にする」という目標を掲げました。
安倍政権は目標実現に向けてさまざまな取り組みを行い、2013年末には1036万人、2014年末には1341万人と順調に訪日外国人の数を増やすことに成功しています。
また、2015年の訪日外国人の数は、1973万人まで達しています。 ちなみに外国人の割合は、中国人(499万人)、韓国人(400万人)、台湾人(368万人)が上位3か国となっています。実は、日本を訪れる外国人が突如増えたのには「理由」があるのです。 今回はその要因について紹介していきます。

ビザ要件の緩和

日本政府は、2012年から戦略的なビザ要件の免除・緩和を行ってきました。
これが中国や東南アジアなどの経済成長と相まって訪日外国人を増大させたのです。2013年にマレーシアやタイからの渡航者に対してビザを免除する措置を開始、2014年にはベトナムやインドネシア・フィリピンからの渡航者に対してビザの緩和を行いました。
また2015年以降は、中国からの渡航者に対してビザを緩和し、訪日中国人が急増するきっかけとなっています。

円安

アベノミクス以降、円安が進行していたことも挙げられます。
円の交換レートが安くなったことで、日本を訪れる外国人にとって予想以上に費用を安く抑えることができるようになったのです。近年流行した「爆買い」にも円安が大きく影響しています。

日本への関心

近年、日本の魅力が世界中に広まっていることも影響しています。
日本政府は2003年から観光立国の実現を目標に掲げて、「ビジット・ジャパン・キャンペーン」と呼ばれる訪日プロモーション活動を進めてきました。またインターネットやソーシャルメディアが普及したことで、日本の漫画やアニメといったポップカルチャー・伝統文化を世界中の方に知ってもらえる機会も増えました。
それらの影響もあって日本に対する理解や関心が広まり、訪日需要が一段と高まったと言えるでしょう。

格安航空(LCC)の就航

外国人は、格安航空を利用する方がとても多いです。
2012年、日本ではピーチ・アビエーションが関西国際空港を拠点として、初めてLCCを就航させました。その後、全国の空港にLCCは増えています。これも訪日外国人にとって、旅行費用のハードルを下げ、後押しとなっています。

 

 

一般的に外国人観光客というと中国人や韓国人のイメージが強いですが、2015年においてはイギリスやフランス・ドイツ・イタリアなど欧米からの観光客も増加しています。
もちろん、2020年開催の「東京オリンピック」も一つのきっかけとして、更なる観光客の増加に寄与するものと期待されます。
今後ますます、日本政府主導のもと、2020年までとは言わず2020年以降もさまざまな場面で国際化が進むことでしょう。不動産投資においても「国際化」、「外国人」は必須キーワードになりそうです。

株式会社クレアスライフ 不動産コンサルタント

清水 剛

不動産投資の営業として16年従事し、これまで数百人に上る投資検討者への提案・アドバイスを行う。 現在は営業の第一線から卒業し、企画側として不動産投資の魅力を多くの人に伝えるべく、セミナー講師やメディア出演などに精力的に取り組んでいる。

PAGE TOPPAGE TOP