不動産投資のポイント

女性が不動産投資を始めるときにやってはいけない2つのこと

不動産投資と聞いたときのイメージはどのようなものでしょうか。
ちょっと強面の不動産会社が扱う物件を取引するようなイメージですか?
それとも、おばちゃんタイプの大家さんがアパートを管理するイメージでしょうか。
どちらも「あり」かもしれませんが、不動産投資は、独身者の男女から、既婚世帯、そして定年退職した60歳の方などが、それぞれのニーズに合った不動産投資スタイルを持って行っています。
では、女性が不動産投資を始めるにあたって、やっていけないことがあるのをご存知でしょうか。

女性がマンションを選ぶ理由は?

女性向けのマンション購入セミナーもあり、不動産のなかでもマンションは女性に人気のようです。不動産に対するイメージや考えは人それぞれの価値観によります。
例えば、結婚したら戸建てに住みたいと漠然と思っていることもありますし、子どもが生まれて設備の良いマンションを検討するファミリー世帯もいらっしゃいます。
また、独身者が自身の住まい用に購入することもありますし、既婚者の方が投資用(賃貸用)に購入することも多いのがマンションです。
マンションは、戸建てと違って多くの世代や世帯に対応できる住まいのカタチなのです。

マンションでの暮らしは、階段の利用がなく平面での移動が中心になるため、生活の動線に無駄がなく、家事をするには、とても暮らしやすいですね。
マンションは、戸建てと違い専有部分以外に共用部分があります。
人を迎えるエントランスやエレベーター、階段・廊下などの共用部分は一般的には管理会社が掃除などの管理をしてくれます。
安全面では耐震性に優れている点はもちろん、ゴミ出しも24時間可能で、宅配ボックスも完備されているマンションもあり、スマートに暮らせるポイントが多いのも特徴です。
何より戸建てとの大きな違いは立地です。戸建てよりもマンションのほうが駅近という条件に合う物件が多いのです。

このように、マンションが選ばれるのには、「利便性」という生活をするうえで大切な理由がキーワードになっています。
女性は生活者目線で考えることができますから、「家を買うなら、借りるならマンションを選びたい」というのも自然なことでしょう。

情報はどうやって収集するの?

不動産投資はひとつの事業です。
あなたが会社員として給与をもらいながら、その信用を担保に不動産の購入のための資金を借り入れて、他人に貸し出します。ワンピースやバッグを季節ごとに買い替えるような気軽さはありません。不動産は安いものではありませんから、安易な考えで始めるのは禁物です。

そこで、情報の収集はマストになります。

・頭金はいくら必要なのか
・年収はいくらあれば借り入れができるのか
・どの不動産会社に依頼するのか
・管理など任せるにはどうしたらいいのか

など、不動産投資を始めるにあたっての準備をしたいものですね。

インターネットで検索すると、これらの情報はたくさんでてきます。
女性向けの情報も数は少ないですが集めることもできます。インターネット以外には、書店でも不動産投資にまつわる書籍は多く扱っています。
インターネットで検索していると、いくつか不動産会社がヒットするときがあります。
そのサイトには、扱っている物件の紹介や、不動産投資のいろはをまとめた冊子を提供しているところもあります。
興味があれば冊子を頂いて学ぶというのもおすすめです。マンションを販売している不動産会社ならそれについてわかりやすく解説されているからです。
また、セミナーを開催することもありますから、実際に参加して、不動産会社の考え方が自分に合っているか、または担当者の人柄や性格などをチェックしてみましょう。
セミナーではすでに不動産投資を始めている先輩もいると思いますので積極的にお話を伺ってみるのも有益です。
くれぐれも購入をその場で即決してはいけません。

不動産投資をはじめるときに「やってはいけない」こと

手軽に購入ができるのはマンションのメリットでもありますが、やってはいけないことが2つあります。

1. 安易に管理会社を選ぶこと
2. 値段だけで判断すること

この2つです。

まず、管理会社選びです。
マンションの質そのものも重要ですが、その先何十年という期間において資産を維持するための管理力も重要なのです。
優秀な管理会社であれば、あなたの資産を大切に守ってくれるからです。
販売をした会社が管理会社も運営している場合などは、グループの販売会社の責任もありますのでしっかりとした管理が望める場合が多いです。
購入した後になって管理会社を変えることは簡単ではありませんので、購入するときに管理会社を信頼できる会社に変更することを条件としておけば安心です。

もう1つは、値段だけで判断することです。
「安物買いの銭失い」ということわざをご存知でしょうか?
安価な物を買うと、品質が悪かったり、すぐに買い替えなければならなかったりするので、かえって損になる、という意味です。
不動産投資はもともとが高額な買い物です。しかも、新築マンション、中古マンション、中古マンションでもおしゃれにリノベーションされたマンションなど様々です。
全てを買うわけにはいきませんので、どれかを選ぶわけですが、価格が安いものに飛びついて、後になって大きな修繕費が必要になったり、空室が続いたりという失敗を多く聞きます。
ネットショッピングと同じように値段順に並び替えて安い方から見ていくような選び方は、不動産投資では「やってはいけない」ことです。
長期的に収入が入ってくることを望んで購入するわけですから、長持ちするものを選ばなくてはいけません。
また、誰が見ても住みたいまち、住みたい部屋を持つということも大切です。おすすめは、品質が良く立地の良いマンションを選んだ中で予算と相談して決める、です。

マンションはあなたの生涯の資産になるものですから、一生涯の資産に見合う不動産会社を探してみましょう。そして、業者の考え方、姿勢、担当者をよく見ることです。
気になるマンションを内覧して回るのも楽しいものですが、まずは、信頼できる業者と担当者を探してほしいと思います。
そのお手伝いは、私のような不動産に詳しいファイナンシャル・プランナー になら任せることもできます。
50年、60年後のことを念頭に置きながら、あなたの不動産投資を成功させてください。

FP事務所やさしいお金の相談室代表
(有)コスモスペース取締役社長
一般社団法人女性FP相続サポート協会理事

桑野恵子先生

マネー????エンジェル桑野恵子が、安心に暮らせるための不動産投資の魅力をお届けします。 エンジェルは投資の世界では資金を提供する富裕な個人のことです。桑野恵子は、資金援助の代わりに豊富な知識とノウハウを提供して資産を築いていくお手伝いをします。