ケーススタディ

「マンション購入は子どもの数だけ」をすすめる理由

最近、アパート経営や土地活用のCMをよく目にします。不動産のオーナーには憧れるけれど、会社員には関係のない話しと思い込んではいませんか。
また、ご結婚されていて、お子様がいらっしゃれば、生活費のほかにも、教育費に、仕送りなどこれからかかる費用のことで頭がいっぱいとおっしゃる方も少なくありません。子育て世代はまさに働き盛りです。
では、万が一、家計を担う働き手が亡くなってしまうことがあってはどうなるでしょうか。または、就業ができなくなる事態に遭うかもしれません。
不動産投資は、不動産を購入する際にローンを組むことが一般的なのですが、じつはここに会社員にも不動産投資が向いている理由があるのです。
家族を持つ会社員だからこそ、家族を守る方法として不動産投資について真剣に考えてみてはいかがでしょうか。

マンション購入は生命保険の代わりに

家族構成によっては、お子様がいらっしゃる場合もあるでしょう。その場合には生計を支えている方が万が一の際のために、生命保険に加入していらっしゃることが一般的です。生命保険に加入し続けるには、保険料がかかります。
一方で、マンション購入する際にローンを組むと、金融機関はローンを組む人に対して「団体信用生命保険(団信)」を付帯します。一般的にはその団信の保険料はローンの金利に含まれていることが多く、マンションを購入した本人がそれとは別に保険料を負担することはありません。
マンションを購入するということは、そのマンションという資産を持つことになります。他人に貸すことで家賃(不動産)収入を得ることができます。つまりは、不動産収入で利息を支払うことができていれば、「団信という生命保険」に保険料の負担をしないで加入できるということがいえるのです。

一般的な生命保険であれば、契約者が保険料を支払わなければなりませんが、マンション購入では不動産という資産から家賃収入を得ながら、生命保険の代わりにもなる、という仕組みがおわかりになったでしょうか。
資産といえば金銭や金融商品など色々なものがあり、資産それぞれに特徴があります。不動産という資産の特徴は、「実物資産」であり、また、ローンを組んでいる場合でも生命保険の代わりになる魅力的な側面も併せ持っていることになります。

ローンを組むことは考えている以上に怖くない

メリットばかりを並べられても、不動産投資について不安に思っていることもあるでしょう。どのような不安があるか、例をあげてみると、「ローンを組む」ということもひとつかもしれません。
「自分がローンを組んでも大丈夫なのか?」と、頭の片隅に考えていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。ローンを組んだ以上は必ず返済をしていかなければなりません。もしも、その返済が滞ってしまえば、最悪は自己破産、、、という文字も見え隠れします。このようなリスクを取ってでもマンションを購入すべきかどうかです。

まず、ローンについて整理をしていくと、自宅用の住宅ローンと、マンションを購入する際に利用する投資用マンションのローンがあります。
自宅用の住宅ローンは、自宅なのでここに住むために毎月の手取り収入からローンを支払っていきます。投資用マンションのローンはというと、入居者がそのマンションの家賃を支払ってくれますので、ローン返済のための原資は家賃からの収入になります。

そこで、それぞれの返済に関して、遅延になる原因についてはどうなのかと考えるかもしれません。まず、自宅用の住宅ローンは、給与等の収入が返済のための原資のため、それが減ってしまうとその原資も減ることになります。ローン返済以外に、毎日の生活にかかる費用や生命保険料、車両費などがあれば、どれかを節約して家計をやりくりしなければなりません。本来はローン返済を優先すべきなのですが、それをしないで、ほかの日常にかかる費用を優先してしまうと、家計はたちまちショートしてしまいます。お子様がいて教育費がかさんでくれば、さらにやりくりは苦しくなっていくことでしょう。

投資用マンションのローンについては、先ほども触れたように、入居者の家賃収入からローン返済額を賄えるため、ご自身の給与収入が減ってしまおうと影響はありません。また、不動産投資のリスクをあげるとすれば、そのリスク予備軍として考えられるのは、入居者の家賃滞納や空室リスクです。入居者の家賃滞納については、入居者の審査をしっかりすることはもちろんですが、それらの管理を任せるために信頼できる管理会社を選定しておくことです。また、空室リスクについては、そもそも空室が起こらないような入居者が確保しやすいマンションを購入することで、このリスクについては対処ができるようになります。

お子様ごとにマンション購入を

ローンについての不安材料を解消できたところで、お話はもとの「生命保険の代わりになる」というところに戻します。投資用マンションのローンについては、基本、入居者の家賃からローン返済をしていきますから、購入するマンションは1室だけでなくてもいい訳です。
初めてのマンション購入では、1室からスモールスタートをするのはよいスタートのカタチではありますが、順調に運用ができれば2室以上も夢ではありません。

そこで、お子様がいらっしゃるのであれば、そのお子様の人数分を購入されることも考えてはいかがでしょうか。お子様のために毎月、毎年にわたって、金銭を贈与したりする必要もありません。お子様がおふたりであれば、マンション2室を購入・保有されて、ご本人である所有者に万が一の場合があれば、お子様それぞれにマンションを相続させることができます。なぜなら、ローンの残債は団信によって金融機関へ弁済されてローンは残りません。お子様たちは、ローンという「負の資産」ではなく、マンションという価値のある「正の資産」として引き継ぐことができるのです。

不動産投資というと富裕層のものと思われがちですが、生命保険という仕組みをきちんと理解することで、そのような先入観はなくなっていくものです。無理なく、お子様へ資産をのこせる方法があるとしたら、今から考えて実行されてみてはいかがでしょうか。

PAGE TOPPAGE TOP