ケーススタディ

不動産投資オーナーはどんな人?ひと目でわかる、不動産投資オーナーと非不動産投資オーナーの比較。

不動産投資で生活を豊かにするサイト“不動産投資スクエア”サイト(運営会社:株式会社クレアスライフ)では、不動産投資オーナーと非不動産投資オーナーに対してアンケート調査を実施しました。

また今回は、インターネットからの応募で、不動産投資ガイドブック「不動産投資をはじめる前に知っておきたい9つのこと」をもれなくプレゼントします。

不動産投資オーナーというと、何となく身近な存在ではないですし、高収入であったり、資産などを持っていたりして、金銭的に余裕がある人だけが行うというイメージを持っている人も少なくないと思います。

実際は、不動産投資で、成功している人もいれば、失敗している人もいますが、どんな人が不動産投資をやっている人(不動産投資オーナー)か、知りたい人も少なくないのではないでしょうか。

今回、不動産投資スクエアサイトでは、不動産投資オーナーと非不動産投資オーナーに対してアンケート調査を行い、お金に関してどのような違いがあるのか比較してみました。

アンケート回答者:不動産投資オーナー、非不動産投資オーナー363名
アンケート回答期間:2018年3月31日~2018年4月8日
※すべての回答の平均ではなく回答が有効なものの平均となります。

不動産投資オーナー、非不動産投資オーナーの貯蓄目標額の比較

設問:あなたの貯蓄目標額を教えてください。

この設問でも、大きな違いがでました。

不動産投資オーナーの貯蓄目標額の1位は、「1億円以上」が47%、次いで「特に決めていない」が32%、「5,000~6,000万円未満」が12%という結果に対して、非不動産投資オーナーでは、1位は、「特に決めていない」が33%、次いで「1億円以上」が17%、「2000~3000万円未満」「1000~2000万円」が10%という結果となりました。

不動産投資オーナー 

非不動産投資オーナー

将来に備えての貯えを考えて、具体的な貯蓄目標を持っている人が不動産投資オーナーに多いことがわかります。

不動産投資オーナー、非不動産投資オーナーの生命保険の死亡時の保障金額の比較

設問:あなたの生命保険の死亡時の保障金額を教えてください。

この設問でも、顕著な違いがでました。
不動産投資オーナーの生命保険死亡時の保障金額の1位は、「2,000~3,000万円未満」が32%、次いで「5,000万円以上」が17%、「1,000~1,500万円未満」が16%で、2000万円以上が49%と半数近い結果となりました。
対して、非不動産投資オーナーでは、「生命保険に入っていない」が26%、次いで「500~1,000万円未満」が21%、「1,000~1,500万円未満」が13%という結果で、明らかに生命保険の保障金額に関しても違いがみられました。

不動産投資オーナー

非不動産投資オーナー

不動産投資オーナーは、将来を保障する目的の生命保険に関しても準備していることがわかります。

不動産投資オーナー、非不動産投資オーナーの貯蓄額の比較

設問:あなたの現在の貯蓄額を教えてください。

これまでの調査を踏まえると、不動産投資オーナーは金銭的に余裕のある人が多い傾向だと考える人も多いとは思いますが、貯蓄額では若干違った結果となりました。
不動産投資オーナーの貯蓄額の1位は、「1,000万円未満」が27%、次いで「1,000~2,000万円未満」が22%、「3,000~4,000万円未満」が9%でという結果となりました。
対して、非不動産投資オーナーでは、「1,000万円未満」が36%、次いで「1,000~2,000万円未満」が23%、「貯蓄はしていない/ほとんどない」が19%、という結果となりました。

不動産投資オーナー

非不動産投資オーナー

不動産投資オーナーには、1億円以上の貯蓄額がある方も8%ほどいますが、約半数の49%の方の貯蓄額が2,000万円未満の方(1,000万円未満は27%)ということを考えると、不動産投資オーナーは、必ずしも多額な貯蓄をしている方だけがなるわけではないことがわかりました。

まとめ

冒頭で、不動産投資オーナーに関しては、金銭的に余裕がある人だけが行うというイメージを持っていると人も少なくないと書きましたが、実際には、そうでもないようです。
不動産投資オーナーには貯蓄額が1,000万円未満の方も1/4以上いることを考えると、「不動産投資は金銭的に余裕がある人だけが実施するもの」という考えは必ずしも正しくないことがわかったアンケート調査となりました。
今回のアンケート調査では、不動産投資オーナーは、将来の保障を具体的に優先的に考えている人が多いと言えるのではないでしょうか。

(おまけ)

不動産投資オーナーは不動産投資を成功と考えているのか。

設問:今の時点で、あなたの不動産投資は成功していると思いますか、それとも失敗していると思いますか。

最後に不動産投資オーナーに対して、今の不動産投資が成功していると考えいるかを聞いてみました。
「まあまあ成功していると思う」(47%)と「成功していると思う」(12%)を合わせると、約6割の方が成功していると考えているようです。
また、反対に、「失敗している方だ思う」(4%)と「失敗していると思う」(2%)を合わせると6%となり、不動産投資オーナーは、投資にを失敗だと考えている人は極めて少ないという結果となりました。

PAGE TOPPAGE TOP