不動産投資オーナーインタビュー 

やっぱり最後は人間性じゃないですかね。(K.H)

お名前
K.H
ご住所
関東
ご年齢
60歳代
ご職業
自営業
所有物件
1件

「マンション投資を始められてどれくらいになられますか?」

私の記憶では1998年。
ニューオータニでリラックスしていたときに家内から突然、黒塗りの車が来たと言われて乗せていかれて、そしたらマンション投資だったということに後で気がつきました。。

「それは奥様が?」

(妻)マンションのこちらの不動産の営業の方と。
(夫)こっちの会社じゃないけどね。
(妻)お電話がありまして見るだけでもどうでしょうという形で。主人は忙しい人なので、じゃあホテル滞在のときだったら多分と。
それで一緒に行きまして。どちらかというと私の方が乗り気だった。

「なぜマンション投資に?」

元々結婚してからこのかた、私は金に頓着がなくて金は天下の回り物的な考え方なので。
一切お金がどこにどれくらいあるか把握していなくて。家内がこれ以外にもいろいろ運用していて。

「マンション投資しようって奥様がおっしゃったときにどう思われました?」

だから分からなくて。ニューオータニのフロントからとにかく「お客様、黒塗りの車がお迎えに来ました」って。
「誰だ?仕事じゃないのに」と言って行ったら不動産屋さんがいて。
それでも気がつかなくて。物件見て初めて、「あれ、これ投資するの?」っていうのは着いてから分かったという。

「どうでした?物件を見て投資するということに関しては」

先ほど言ったように金は天下の回り物ですし、投資という言葉自体が出資を投げるわけですから。
当然リスクもあるのですけど、とりあえずパートナーが決めたことだからなくなったと思ってやろうかというノリでしたね。

「他にもやられていたのですか?マンション投資以外にも?」

(妻)いろいろやりました。

「その中でマンション投資がいいなと思われた一番の理由って?」

まずは節税ですかね。主人の、変な話やっぱり税金がね、結構取られているので。謳い文句が節税対策という形で営業の方がおっしゃってくださって。後々は老後の家賃収入になるということで。じゃあとりあえず聞いてみましょうという形で。
銀行のローンとか、そういうのも本当にトントンと問題なくいったので、それで1件目から2件目、2件目から3件目と増やしていったという形。

「今は?」

今は大分絞って。結局最盛期は多分それもうろ覚えなのですけれど、5,6件はあったと思います。
最初のところがちょっとトラブルになって、そのときにかなり売っちゃって。
今は私の記憶ではクレアスライフさんの1件しかないと思います。ちょっとドドドドドっと売ってしまったという経緯があるのですけどね。

「クレアスライフと他の会社の一番の違いは何でしたか?」

(妻)やはり、最初はすごく両社とも熱心だったのですね、営業の方が。
ただ、売った後のケアがクレアスライフさんの方がしっかりしています。

「例えばこういうところが助かったとか?」

(妻)何か、とりあえずまず税理士さんに大体いつも頼んでいたのですけれども、税金のことでどれをどう書いていいかという質問に親切に答えてくださいました。
あと、税理士さんの先生も女の税理士の先生だったのですけれども、とても親切でメールでのやりとりでいろいろ分からないこととかを教えてくださいました。

「そういったやりとりをご覧になってご主人も安心ですか?」

(夫)そうですね。だからやっぱりクレアスライフさんを見て思ったのは、普通の不動産屋の人と違うっていうので。
三十数年前に初めて家を建てたときに、私も若かったですからね。ちょっと強面の会社社長と、私もやんちゃなので喧嘩するくらいやりあって、非常に緩いスペックで土地を買って家を建てたものですから。危険ですよね、やはり危ないところだと。それで大喧嘩して破談するか、までやったそういう思い出があったので。
それから見るとクレアスライフさんは非常に紳士的で。尾池社長にもよく言うのですけれど、本当に公務員というか学校の先生みたいな感じで、とても不動産屋の社長には見えない。いい意味で。そういうところが今すごく気に入っていますね。

「今後何か期待することはありますか?クレアスライフに」

(夫)やっぱり、また機会があれば増やしてもいいと思っているし。営業の人も非常に若いし、清潔だしね。
非常にとにかくスマートなので。営業さんはすごく気に入っています、個人的にも。

「奥様は何か期待するところとかありますか?」

((妻)これからですか?やはり良い物件を手頃な値段で提供していただければ、沢山オーナーさんが増えると思います。

「マンション投資の大先輩として、何か。これから始めようという方に」

(夫)先ほど言ったように、やっぱり人間性じゃないですかね。元々投資っていうのはリスクがあるのですけど、詰めても詰め切れないと思うのですよね。立地条件とかいろいろあっても、全部トレードオフですから。やっぱりそうすると最後は誠実性というか、人なのかなと。
車もトヨタをずっと乗っているのですが、何十年も。やっぱりもう営業の人を固定して、何があってもその人から買うようにしていますから。やっぱりそれが全てで、すぐ飛んできてくれますね。多分不動産も同じで、やっぱり人だろうと思いますね。

(妻)一口家主の、そちらのもありますよね。そちらの方を私は去年からまたちょっと興味を持ちまして投資をしています。
これからまだ年金をもらうような年ではないのですが、もらうときにゆとりのある生活ができたらと思いまして、クレアスライフさんに期待しながら投資をさせていただきます。

「老後も安心して、というところがありますか?」

((夫)家内が結構やんちゃなのでね、いろいろ...僕は高額資産をすったなという。高額じゃない中額だ、訂正じゃないですけど中額でも高額でも何でもいいのです。
やっぱりリスクはつきものなのでね、精一杯誠実にやれば、しょうがないかなと思わないと何もできないですから。いいじゃないかということで。
最後は生きていければいいじゃないかくらいの気楽な気持ちでやっています。

PAGE TOPPAGE TOP