動画で分かる!初めての不動産投資

不動産投資でオーナーがすること

管理は専門の会社に任せたとして、他に不動産投資でオーナーがすることはありますか?

基本的に家賃は不動産、投資した対象である物件が稼いでくれるわけですし、管理も例えば入居者の募集だとか実際のやりとりですとか、そういった管理も大半を賃貸管理会社にお任せすることになると思います。
基本的には投資家の方が何かを、自身が動いてやっていただくことはありません。

唯一言うのであれば、1年に1回不動産所得の確定申告によって税金の計算をするわけですが、そのことをやるくらいと思います。
それ以外は実際現場のことは管理会社にやっていただいてその報告を受けたり、それに対して判断をしたりとかそういった業務になると思います。
あとは家賃がきちっとついているかなと、銀行に行って銀行の通帳を記帳したりとか入金を確認するくらいだと思います。

確定申告には注意

ただ確定申告に関しましては、やはり一般の方々、大半はサラリーマンさんの方だと思いますので、確定申告は医療費控除とか住宅ローン減税くらいしかやったことがなという方が多いと思います。
不動産所得の場合は経費の計上などの作業もありますので、そういうことが得意な方、やりたい方はぜひ勉強してやっていただければいいと思います。
そういうところが不得手な方はそういった確定申告をしてもらう、例えば提携の税理士を持っている不動産会社さんや、そういったサービスをしっかりと持っている会社さんに物件を管理してもらう、そこから買っていただくのがいいのではないかとは思います。

,

株式会社クレアスライフ 不動産コンサルタント

清水 剛

不動産投資の営業として16年従事し、これまで数百人に上る投資検討者への提案・アドバイスを行う。 現在は営業の第一線から卒業し、企画側として不動産投資の魅力を多くの人に伝えるべく、セミナー講師やメディア出演などに精力的に取り組んでいる。

PAGE TOPPAGE TOP