ケーススタディ

不動産投資はローンなしがお得?現金一括とローンを徹底比較

初めて不動産投資をする際、やはりローンを組むことが不安だという方は少なくありません。
中には、ローンなしで不動産投資を始めるために、「現金一括」で購入できるようになるまで、投資を我慢するという方もいます。
ただ、不動産投資は本当にローンなしでした方がいいのでしょうか。

そこで今回は、ローンなしで不動産投資を始めるのと、ローンを使って不動産投資を始めることの違いとメリットをご紹介していきます。
これから不動産投資をする上で、参考にしてみてください。

目次

1.不動産投資をローンなしでするメリット
2.不動産投資をローンを組んで行うメリット
 メリット1.レバレッジ効果が得られる
 メリット2.団信に加入できるというメリット
 メリット3.自己資金が貯まる前に資産が手に入る
3.不動産投資はローンを組むことがおすすめ!
5.まとめ

1.不動産投資をローンなしでするメリット

投資用物件を現金一括で購入すると、「ローン返済の不安がなくなる」「物件選定の際に有利になる」という2つのメリットがあります。

平成30年公示地価発表!住宅地の全国平均10年ぶりの上昇

現金一括で投資用物件を購入すればローンについて考える必要はないのは当たり前です。 今回は、物件選定の際のメリットについて詳しくご紹介していきます。
まず、条件の良い物件を見つけた際に手持ち資金が潤沢にあれば、他の不動産投資家よりも早く指値をして物件を押さえられる可能性が高まるでしょう。

それに付随して、手持ち資金だけで購入可能であれば、購入までのスピードを武器に売主と価格交渉でき、優位に立てる可能性があります。
また、一括で購入できるほど手持ちの資金があれば、物件を紹介してくれる不動産会社から魅力的な収益物件の情報を優先的に紹介してもらえる可能性があり、良い物件と巡り合う率が高まるというメリットもあります。

2.不動産投資をローンを組んで行うメリット

ローンを利用した不動産投資には、主に次の3つのメリットがあります。

メリット1.レバレッジ効果が得られる
メリット2.団信に加入できるというメリット
メリット3.自己資金が貯まる前に資産が手に入る

メリット1.レバレッジ効果が得られる

ローンを利用すると高いレバレッジ効果が得られます。レバレッジ効果とはテコの原理を意味しており、不動産投資に当てはめることにより少ない資金で大きな資産運用が可能です。

例えば、3,000万円で年間3%の利回りが期待できる物件を自己資金で購入するとしましょう。
実際に、3000万円を投資して年間の利回りで計算すると90万円の利益となります。
本来、3,000万円の自己資金がないとできない計算になりますが、ローンを利用して500万円の自己資金を頭金として3,000万円の物件を購入する場合、自己資金3,000万円のときと同じ利益を得ることができます。

もちろんローンを組むわけですからリスクはないとは言えません。

しかし、サラリーマンなら給与収入も考慮したうえ、無理のない返済プランを立てていれば食べていくことには困らないでしょう。
また、毎月の賃料収入から返済できるため、少ない自己資金でも投資効率が良くなります。
ローンを利用することはローンの返済リスクを取る代わりに、時間を買うことなのです。

メリット2.団信に加入できるというメリット

ローンを組むと団体信用生命保険(通称:団信)に加入することができます。

団信のメリットとして万が一借主が亡くなった場合、保険金が出るのでローンの残債が清算される点があります。
例えば、3,000万円の投資用物件を購入する際に、2,900万円のローンを組んだとします。
ただ、返済途中(残債2,000万円)に借主が亡くなってしまった場合、ローンの残債がなくなり、物件だけ保有した状態になります。

この場合、残された家族は収益物件をそのまま継続して運用できるため、収入面での助けにもなってくれるでしょう。

メリット3.自己資金が貯まる前に資産が手に入る

もし不動産を自己資金で購入する場合、莫大な資金が必要です。

不動産投資のときにローンを活用することにより、資金集めの時間が省けるうえに早く資産を手に入れられます。
早く資産を手に入れられるということはその分早く利益を手に入れられるということ。欲しい物件は他の人も狙っている可能性もあるため、早いもの勝ちともいえるでしょう。
そのときに遅れをとらずに購入できることもローンのメリットといえます。

3.不動産投資はローンを組むことがおすすめ!

不動産投資をローンなしで行う場合とありで行う場合のメリットをご紹介してきましたが、ローンなしで始めてしまうことの最も大きなデメリットは、レバレッジを効かせることができない点になります。
自己資金が数千万円、数億円とあるような方は違いますが、ローンなしで投資用物件を買うには相当な時間が必要になってくるかと思います。
ローンを組むことで、その時間的な制約とその期間に貯める予定だったお金をすぐに調達できるというのは、非常に大きなメリットですし、投資というのは基本的にレバレッジを効かせて行っていくものです。

もちろん、実際にローンを組む場合は、金利上昇のリスクや空室リスク、それに伴うローンの支払いのリスクや物件売却時に処分できない場合の残債リスクなども発生してしまいますので、こうしたリスクは十分に考慮した上で運用してくことがポイントになります。
そうしたリスクを少しでも減らすために、私たちは都心の新築ワンルームマンションへの投資をおすすめしています。

5.まとめ

不動産投資をローンなしで行う場合とローンを組んで行う場合を比較してみました。
ローンを利用することの最も大きなメリットは、レバレッジを効かせることができる点であり、ローンなしで不動産投資を行うことはなかなか難しいかと思います。

ローンを上手く活用し、無理のない返済計画をもとに不動産投資を成功させましょう。

一番上に戻る↑

PAGE TOPPAGE TOP