マンション経営・投資セミナーの特徴です。

> > 当社セミナーの特徴

セミナー情報当社セミナーの特徴

セミナーイメージ
  1. 創業31年の老舗ワンルームデベロッパーならではの情報・データが満載
  2. 市況やエリア、お客様分析に基づいた経験豊富で的確なアドバイス
  3. 東京都心部に特化した最新物件をいち早くご紹介
  4. 弊社提携税理士や提携金融機関による無料個別相談ブース
  5. お客様のスケジュールに合わせた補習セミナー、ミニセミナーをご用意

なぜ今マンション経営セミナーが人気なのか

1将来の年金対策として
イメージ写真

数多くのニュースや記事で取り上げられている年金問題。
制度自体の見直しも求められている中、自ら備えることも不可欠になっています。
ある調査では、夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える最低日常生活費は平均22.3万円となっており、ゆとりのある生活を過ごすためには更に平均14.3万円必要といわれています。
(生命保険文化センター「生活保障に関する調査」/平成22年度)

一方で、支給される年金はというと、個々によっても異なりますが、下記のようなケースでは・・・

年金例

つまり、老後ゆとりのある生活をするためには程遠い金額です。
これら不足分を家賃収入で補填することが、マンション経営の大きな利点といえます。

2相続・贈与対策にも有効
イメージ写真

平成25年度の税制改正にて大きく取り上げられているのが、相続税の基礎控除額の縮小です。平成27年1月1日から適用となりますが、下記のように変更になります。

現行と改正後の法定相続人の数

現状、相続税の申告割合は4%(100人亡くなると4人)程度となっています。この改正により、6%程度に上昇すると言われています。
また併せて税率も2億円超部分が45%に、6億円超部分が55%になります。
こういったことから、相続・贈与の対策として、資産を不動産へと移行するということも有効とされています。

投資用マンションの場合、建物部分は固定資産税評価額の50%、土地部分は路線価の80%程度で評価をされます。さらに、賃貸用不動産の場合、建物部分は通常の評価額から借家権割合の30%~40%を差し引いた額となり、土地部分については借家権割合の60%~70%ほど低くなります。
つまり、マンション経営を行うことで、現金での相続と比べ課税対象額を約3分の1にすることができるわけです。

3インフレ・物価上昇局面での優位性
イメージ写真

アベノミクス効果で景気上昇の機運が高まりつつある現在、密かに忍び寄るインフレ。
日銀は物価上昇2%を掲げ、景気上昇を期待する一方で、モノの値段はどう変わっていくのでしょうか。それに伴い貨幣価値はどう変わっていくのでしょうか。

過去にさかのぼってみても、貨幣価値は大きく変化しています。
例えば、月額の大卒初任給は30年前(昭和58年)で128,150円でした。(厚労省調べ)
現在(平成25年)では、199,150円です。つまり、現在35歳の方が年金を受給する頃には、現在の同じ貨幣価値であるとは言い切れません。

一方で不動産は、景気や時代背景によってその金額や賃料は変動します。
つまり、景気上昇局面では、現物資産となる不動産は非常に有用であると考えられます。

クレアスライフ マンション経営セミナーでは、皆様の疑問や不安を解りやすく解説しています。