動画で分かる!初めての不動産投資

不動産投資が生命保険の代わりになる仕組みとは

不動産投資は生命保険代わりになると聞いたことがあります。仕組みを教えてください。

不動産投資が保険になる?

保険とは、何かあったときに自分がいわゆるリスクを持っているものが回避される、ないしは補填されることです。
そういった点で、不動産投資が保険になる意味合いには2つあります。

1つは生命保険。一般的に生命保険というと、加入者がお亡くなりになったときに受取人の方にお金が保険金として支払われるものです。
不動産投資の場合は、例えばご家族をお持ちの一家のご主人様がローンで物件を購入されて不動産投資をした場合に、いわゆる不動産投資でも住宅ローンは別になるのですが、そのローンの中には団体信用生命保険という保険があります。

これは何かというと、例えば融資をしている銀行やローンを貸している銀行の方が、もし万が一借りている方に何かあったときにローンの残りの返済を担保するものがありませんので、そういう意味で先にその方にかける保険です。
保険をかけて何かあったときは、そのローンの残りの返済をその保険で行ってもらうためのものなのです。

逆を返せば借りる側、物件を購入する側からすると、自分にもし何かあったときにはそのローンが保険によって払われるわけですが、物件は自分の物ですからご家族に対してそれが相続されます。
そうすると相続されたご家族にとってみれば、その物件をローンがない状態で所有できる形、相続される形となります。
例えばそれを貸していれば家賃収入は丸々相続された方の手取りになりますし。その物件を例えば売却してしまえば、ある程度まとまった一つのお金が保険金のようになると言えます。

ですからサラリーマンをはじめとした方々が、そういう生命保険を目的として不動産投資をする際、もちろん死ぬことが目的ではないのですが、将来の年金だとか将来の収入補填のために家賃収入を得るために不動産投資をするのですが、その過程で何かあったときに保険の効果が出るということでお持ちになられているのかなという部分もあります。

収入の保証としての不動産投資

もう1つは、収入の保障です。
例えば、私も今サラリーマンをやっているわけなのですが、もちろん自分の体に何かがあったり、例えば最近は介護の問題で介護退職だとか仕事量を減らしたりというケースもあります。
あとは当然お給料もご自身で決めるわけにはいかないので、経済の状況によっては変化することもあります。

そういったものに対して、プラスαでご自身に何かがあったとしても、家賃収入にそれが影響することはありません。
もう1人の自分ではないですけれども、もう1つの毎月入ってくる収入源ということで、収入保障も踏まえた保険として不動産を考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

株式会社クレアスライフ 不動産コンサルタント

清水 剛

不動産投資の営業として16年従事し、これまで数百人に上る投資検討者への提案・アドバイスを行う。 現在は営業の第一線から卒業し、企画側として不動産投資の魅力を多くの人に伝えるべく、セミナー講師やメディア出演などに精力的に取り組んでいる。

PAGE TOPPAGE TOP