動画で分かる!初めての不動産投資

不動産投資と株式投資との違いは?

投資と言えば、不動産投資や株式投資を思い浮かべる方は非常に多く、実際に相談される機会も少なくありません。
もちろん投資ですので、それぞれ良し悪しがありますが、これら2つの投資は全く違うもので、その目的も変わってきます。

そこで今回は、不動産投資と株式投資の特徴や違いについてご紹介していきます。

目次

0.動画で解説【不動産投資と株式投資の違い】
1.不動産投資の特徴
2.株式投資の特徴
3.不動産投資と株式投資の違い
4.不動産投資と株式投資を並行してOK
5.まとめ

0.動画で解説【不動産投資と株式投資の違い】

まずは、不動産投資と株式投資の違いについて動画で解説しましたので、ご確認ください。
動画の内容をまとめて補足したものは、次の章からご紹介していきます。

1.不動産投資の特徴

不動産投資は、保有している物件からの家賃収入を目的とした投資で、いわゆるインカムゲインと言われるものです。
不動産投資は、資本金がたくさん必要で、時間がたつにつれて古くなり、入居者が減っていくというネガティブな印象を持っている方もいますが、そんなことはありません。

不動産投資は、「街を借りる」というイメージが近く、例え物件が古くなってしまったとしても、都市の再開発が進んだり、お店のリニューアルが進んでいくと人々が集まり、高い家賃をキープできる可能性も十分にあります。
逆を言えば、どんなにきれいで良い物件であっても周辺環境が悪ければ、なかなか入居者が見つからず苦労してしまう可能性があります。

つまり、物件がしっかり管理され、長期的に運用していくことを前提としたものであれば、良い立地の物件を見つければ価値が著しく減少するということはなかなか起こりません。

2.株式投資の特徴

株式投資は、価値が上がりそうな銘柄を購入し、価値が上がった段階で売却して利益を上げていく投資で、いわゆるキャピタルゲインと言われるものです。
株式投資は少額で始めることができますが、ライバルも多く、価格の変動が激しく損しやすいというデメリットもあります。

ただ、少額かつ短期間で始めることができ、資産の流動性が高いというメリットもあります。

3.不動産投資と株式投資の違い

不動産投資と株式投資の主な違いは次の5つになります。

違い1.収入の形
違い2.維持管理費
違い3.資産の流動性
違い4.価格の安定性
違い5.資産の価値

違い1. 収入の形

不動産投資はインカムゲインであり、株式投資はキャピタルゲインです。
家賃収入を安定的に稼いでいく不動産投資に対し、価格差を利用し大きく稼ぐことも損することもあるのが株式投資です。

新たな収入の柱を持つことを考えると不動産投資がよく、一獲千金を狙うのであれば株式投資の方が向いています。

違い2. 維持管理費

不動産投資は、物件を保有しそこから家賃収入を得ていくため、どうしても物件を維持・管理していく費用が必要となりますが、株式投資ではそういったコストが不要です。

違い3. 資産の流動性

不動産投資は、物件を売ろうと思ってもなかなか売れない可能性がありますが、株式投資の場合はすぐに売ることができ、資産の流動性が高くなっています。

つまり、株式投資では、自分が持っている銘柄の価値が下がると感じた段階で、すべて売却してしまい、被害を最小限に抑えることができますが、不動産投資ではそういったことは難しいと言えます。

違い4. 価格の安定性

不動産投資は、資産の流動性が低い代わりに、価格が急上昇することもなければ急降下することもありません。
これは、不動産投資ならではのメリットと言えます。
株式投資の場合、価格の上下が激しく常に株価をチェックしていく必要があります。

違い5. 資産価値

不動産投資では物件を保有するため、インフレやデフレによって物価が変わったとしても、バランスを取ることができます。
インフレで物価が上昇した場合は、物件の価値も上がるため、お金の価値が下がったとしても資産が目減りするリスクを抑えることができます。

逆に、デフレで物価が下降した場合は、物件の価値は下がってしまいますが、お金の価値は上がるため、インフレと同様に資産が目減りするリスクを抑えられます。
また、物件を保有することで相続税や所得税などに対して節税効果も見込めます。

一方で株式投資は株を保有していますが、現金を持っている感覚に近く、そういった効果は期待できません。

4.不動産投資と株式投資を並行してOK

不動産投資と株式投資の特徴や違いについてご紹介していきましたが、投資としての性質が全く違うため、迷うのであれば両方挑戦してみるのもいいかと思います。
ただ、副業として始め、老後の資金や長期的に収入を増やしていくのであれば、株式投資は向いていないため、不動産投資を行うことをおすすめします。

5.まとめ

不動産投資と株式投資は、どちらも代表的な投資ですが、その性質は全く異なります。
インカムゲインで安定して収入を得ていくのが不動産投資なのに対し、キャピタルゲインで価格差を追っていくのが株式投資です。

そうした意味から、副業で始めるのであれば、不動産投資をおすすめしています。

株式会社クレアスライフ 不動産コンサルタント

清水 剛

不動産投資の営業として16年従事し、これまで数百人に上る投資検討者への提案・アドバイスを行う。 現在は営業の第一線から卒業し、企画側として不動産投資の魅力を多くの人に伝えるべく、セミナー講師やメディア出演などに精力的に取り組んでいる。

PAGE TOPPAGE TOP