よくある質問

節税対策について

不動産投資をすることでどんな節税ができますか?

建物の帳簿上の価値を減価させる減価償却費や、ローンを組んだ場合の借入利息などを経費として計上できるため、経費が収入を上回った場合、所得税住民税の節税になります。
また、相続税評価額は市場で売買される物件代金よりも低いため、相続税の節税にも効果があります。

所得税住民税の節税はいつまでできますか?

節税は長くは続きません。
購入初年度は諸費用を経費として申告できるため、節税額が大きくなりますが、それ以降は節税効果はあまりありません。家賃収入に対して経費額が上回っているうちは節税となり、家賃収入に対して経費額が下回ればその所得に応じた税金を納めることになります。

確定申告がなにもわからないので教えてください

確定申告は、例年1回、2月15日から3月15日までの間で行います。
最寄りの税務署では確定申告時期に確定申告書作成会を開催しています。税務署の署員や税理士が作成方法をアドバイスしてもらえます。
他に国税庁のHPより確定申告書を作成することができます。確定申告書の作成例や作成の仕方もHPに記載されておりますので、基本的には一人でも作成できるようになっています。
税理士に依頼をしても数万円程度で処理をしてくれますので、仕事で忙しいなどの理由で依頼をする方も少なくありません。

PAGE TOPPAGE TOP