女性のための不動産投資の始め方

代表的な金融商品と不動産投資のメリット・デメリット

低金利の今こそ将来のために資産運用をしてお金を殖やしたいと思いながら、どのような金融商品を持っていたらいいのかわからないという方も多いことでしょう。金融商品と言っても様々な種類があります。資産形成の第一歩は、金融商品について知ることです。
今回は代表的な金融商品のそれぞれメリット・デメリットについてお伝えします。

金融商品のそれぞれのメリット・デメリット

金融商品には、銀行、証券会社、保険会社などの金融機関が販売する商品があり、その種類もさまざまです。
金融商品を選択する際の基準としては「安全性」「流動性」「収益性」の3つの要素があります。金融商品ごとに特徴があり、メリット・デメリットがあります。

メリット・デメリットを把握した上で金融商品を選んでいくことが大切です。

金融商品の3つの要素を簡単に説明すると次の通りになります。

安全性
元本や利子の支払いの確実性
流動性
必要なときにすぐに換金ができる
収益性
運用によって高い利益が得られる可能性

代表的な金融商品として「預貯金」「債券」「株式」「投資信託」「個人年金保険」などがあります。
「不動産投資」は金融商品ではありませんが、資産運用の一つとしてそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

【預貯金】取扱金融機関:銀行

  特徴 メリット・デメリット
預貯金
安全性
流動性
メリット ・元本保証(1金融機関1預金者あたりの元本1,000万円までとその利息等が保護の対象・・・ペイオフ)
・いつでも引き出しができる
デメリット ・他の金融商品に比べると利回りが低い
・インフレに弱い

【債券】取扱金融機関:銀行・保険会社

  特徴 メリット・デメリット
国債
安全性
メリット ・満期日や利回りが確定している
・途中で売却して換金することができる
デメリット ・債券価格は日々変動するため、償還前に売却した場合は購入価格を下回る可能性もある

【個人年金保険】取扱金融機関:銀行・保険会社

  特徴 メリット・デメリット
個人年金保険
安全性
メリット ・将来受け取れる年金額が確定している
・生命保険料控除の対象となる
デメリット ・途中で解約すると元本割れするリスクがある
・インフレに弱い

【株式】取扱金融機関:証券会社

  特徴 メリット・デメリット
株式
収益性
メリット ・売却のタイミングによって高い利益が狙える
・一部の株式では株主優待制度がある
デメリット ・株式発行会社の業績により収益性が大きく変動し、倒産すると価値がなくなる
・価格変動が大きく元本割れするリスクも大きい

【投資信託】取扱金融機関:銀行・証券会社

  特徴 メリット・デメリット
投資信託
収益性
メリット ・少額から投資できる
・運用のプロが運用してくれる
デメリット ・株式などに比べ手数料などの運用コストが高い
・価格変動があり元本割れするリスクもある

【不動産投資】取扱先:不動産会社

  特徴 メリット・デメリット
不動産投資
安全性
収益性
メリット ・現物資産のためインフレに強く、都心でも3%程度の年利で運用ができる
・借り入れを利用して、手持ち資金以上の運用ができる
・金融商品に比べ価格変動が緩やかなため売却など変動時の対策を打ちやすい
・相続税/贈与税や所得税など節税効果が期待できる
デメリット ・空室の場合賃料収入が入らない
・借り入れを利用した場合、金利上昇により利払い総額が上昇する
・金融商品に比べ換金性が低い

不動産投資はミドルリスク・ミドルリターン

不動産の金融商品としての特徴は、安全性と収益性です。金融商品は、リスクとリターン表裏一体の関係にあります。
例えば、株式はリターンが望め収益性が高い反面、元本割れのリスクも高いものです。一方、預貯金は安全性が高く元本割れのリスクは低いとともに、リターンもほとんど望めません。
不動産投資は、リスク面からみるとミドルリスク・ミドルリターンにあり、投資のなかでも手堅い分野といえます。
不動産投資の運営上のリスクでは、「空室・家賃収入の減少」が考えられます。このリスクを回避するために、空室になりにくい優良物件を選ぶ、空室になっても賃貸付けが得意な管理会社を選ぶことでリスクを軽減することができます。
また、家賃収入の減少についても過去の周辺物件を調べ、年数経過によりどれくらい家賃が下落するのかを予測することもできます。
人生設計を考慮した資産形成のもとで不動産投資はリスクが明確なため、あらかじめリスクを想定して対策を講じることができます。

女性は不動産投資に向いている

不動産投資というと男性のイメージを持つ方も多いでしょうが、女性にも向いていると感じています。
ふだんの生活や暮らしに密着した感性を持っているため、地域の移り変わりによる変化や利便性にも敏感です。
また、細かいところに気がつきますので、物件現地の視察には生活者としての女性の視点を持って見ることができるのです。
また、不動産投資用ローンを利用することにより手元の準備資金は少なくてもスタートできるため、男性に限らず女性でも事業投資がはじめられます。
女性ならではの視点が優良物件選びに活かせることでしょう。


不動産は株式などの日々の価格変動を気にすることがなく、思った以上に手間がかからないうえに、長期にわたって安定した収入を得る事ができます。人生90年時代をしあわせな人生にするためにも資産形成の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

FP事務所やさしいお金の相談室代表
(有)コスモスペース取締役社長
一般社団法人女性FP相続サポート協会理事

桑野恵子先生

マネー????エンジェル桑野恵子が、安心に暮らせるための不動産投資の魅力をお届けします。 エンジェルは投資の世界では資金を提供する富裕な個人のことです。桑野恵子は、資金援助の代わりに豊富な知識とノウハウを提供して資産を築いていくお手伝いをします。

PAGE TOPPAGE TOP